馬油 特徴 効果

副鼻腔炎の症状と馬油による解消法

副鼻腔炎は、副鼻腔に慢性の炎症を起こす疾患。別名で蓄膿症と呼ばれている病気です。

昔は、細菌の感染による炎症が主因と考えられていましたが、最近ではアレルギー性の炎症が増加しています。

鼻腔の周囲の骨の中にある副鼻腔の部分に膿がたまる病気で、急性と慢性があり、前者は鼻かぜから起こることもあります。

黄色い鼻汁が出たり、鼻づまり、嗅覚の障害に頭痛などがあって、不快な症状を伴います。

急性の場合は、馬油を用いると同時に、まずは体調を整えてかぜを治す事に集中した方が良いでしょう。

慢性の場合は、鼻づまり、そして鼻汁がひどく、うみのような鼻汁が喉におりてくる。

症状は急性に比べると重いので、不快感も倍増します。

副鼻腔炎は体質が大きく影響するので、完治するのは難しいそうです。

漢方薬を用いる場合も非常に長い目で、根気よく続ける必要があるとのことなのですが、ある雑誌に、馬油でこの副鼻腔炎を治したという記述がありました。

綿棒の先に馬油をひとまわりつけ、左右の鼻の奥に差し入れるというやり方で、ちょっと痛いという所で止め、そこで綿棒を軽く一回りさせてから取り出すのだそうです。

この方法で一週間程馬油を塗り続けた所、四日ほど黒っぽい鼻汁が出て、一週間程で鼻づまりが解消したのだそうです。




<楽天No1>出来たて新鮮な正規品ソンバーユを即納で!【在庫管理/商品チェック万全!】(馬油...

馬油の特徴と効果メニュー