馬油 特徴 効果

肩こり・四十肩・五十肩の治療に馬油

肩なんかこったことがない、と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と肩はこっていますよ。

ちょっと肩をつまんでみたり、あるいはちょっと強く指圧してやると、痛みで悲鳴をあげたりする方もいます。

マッサージ器が欲しい方もいあらっしゃるんじゃないでしょうか?



最近では子どもでも肩こりを持っているようです。ですが、肩の痛みで深刻に悩みを訴える大半の方は四十代、五十代の男女かと思います。その多くは一般にいわれる四十肩、五十肩というものです。四十肩・五十肩は、三?四か月から半年ぐらいで治る、と言われますが近所に住んでいる親類の五十肩の方を見ていると、そう簡単には治らないのではないか、というのが正直な所。本によっては治るのに個人差があり、治療まで一年以上かかることもまれではない、とあります。症状も様々で、軽い人もいれば重い人もいます。そして、痛いからといって腕を動かさないでいると筋肉が萎縮してしまし、治りにくくなるのが厄介です。

放っておけば自然に治ると言われる四十肩・五十肩ですが、早めにサヨナラ出来るのならサヨナラしたいもの。

そこで、馬油を塗って肩の痛みをやわらげましょう。



まず、塗る前に肩を温めて下さい。入浴時に温水のシャワーを肩、背中、そして腰などにかけて下さい。

日中に馬油を塗るのであれば、蒸しタオルで温めるのが適当でしょう。

ヘアドライヤーで温める場合は、皮膚に直接温風が当たらないよう肩にタオルをかけて温風吹きかけて下さい。

肩を温める事で馬油が皮膚の奥まで浸透し、効果が高まります。

塗る箇所は左も右も、肩甲骨を中心に薄く肩へ押すように塗り込んで下さい。



馬油の特徴と効果メニュー