馬油 特徴 効果

膝の痛みの解消に馬油

膝は足の関節部で、腿と脛を繋ぐ部分です。



膝の関節は、大腿骨、腰骨、緋骨と、他にはない膝蓋骨から形成されており、他の関節に比べより複雑に出来ており、膝関節は腕における肘関節に相当する。

運動を容易にするための器官、と言っても良いでしょう。

ですが逆に言えばより繊細な動作をするために、精密機械のようにつくられています。ですので、ひざが痛いという理由で歩かないとますます足が弱まってしまうのです。

足は心臓のポンプとも言われており、足の老化は全身の老化を早めます。

ですので、膝が痛んだら早急な治療が必要です。

そこで馬油を使用する際には、膝が痛む箇所を温めて下さい。カイロ、蒸したタオル、ヘアドライヤーなどで温めるのが良いでしょう。膝がポッポッと温まるくらいが丁度良いです。

温めると痛みがやわらぐので、すぐに馬油を塗り、よくすり込んで下さい。

それでも膝の痛みがひどい場合、歩くのも辛い場合は馬油を塗り込む回数を一日三度に引き上げてみて下さい。

歩くのも辛いという場合は、馬油を塗り込んでみて下さい。

塗り込む量はあまりベトつかない程度で。最低でも三分間はよくもみこむようにして下さい。

もし、針・灸を使用しているなら、馬油と併用する事でさらに効果を上げられるでしょう。





馬油の特徴と効果メニュー