馬油 特徴 効果

馬油による坐骨神経痛の治し方

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)とは、人の体において様々な原因で、坐骨神経が刺激されることによって生じる神経痛です。

坐骨神経の圧迫、脊椎神経根の圧迫、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などが原因とされており、坐骨神経痛は太ももの後面、ふくらはぎ辺りの痛みが多いそうです。他にも症状として下肢の痺れ、知覚鈍麻、歩行障害などが見られ、その日の状態によって症状が異なります。

坐骨神経痛の場合、ズキズキ痛い、ジワッと痛む、ズキンと痛むなど、痛みの程度によって使用するツボが異なってくるとの話は、腰痛と一緒のようです。

で、色々本を読んでみた結論をまとめますと、腰痛に効くツボに塗るだけでも、痛みはかなり取れるとの話。

塗る箇所の候補は腰痛の項目でも取り上げた風市、そして膝の真裏にある『委中』というツボ、『殷門』という、委中からお尻へ少し上がったあたりにあるツボに塗ってマッサージすると効果的。

塗る量や時間、回数は腰痛と同じ。

お風呂上がりの足が温まっている時に、かつ就寝前に塗るのがベストでしょう。

あとは朝の起床後。朝はカイロや湯たんぽなどでひざや腰を温めてから塗るほうが、馬油の浸透力が最大限に活かされます




<楽天No1>出来たて新鮮な正規品ソンバーユを即納で!【在庫管理/商品チェック万全!】(馬油...

馬油の特徴と効果メニュー