馬油 特徴 効果

腰痛の原因と馬油による治療法

腰痛を患うと立った姿勢、座った姿勢、横になった姿勢などから態勢を変える時の動作がスムーズにいきません。手すりなどにつかまりながらゆっくりと姿勢を変えないといけなくなるのです。症状がひどいと、ちょっと腰を動かすこともできないい状態になります。こういう症状があるので、腰痛になると根気や集中力がなくなり、仕事の能率も悪化します。ひどい場合にあってくると、腰痛のために仕事を休む、あるいは転職せざるを得なかった、という方もいるくらいです。

そもそも腰痛とは何なのかというと、この定義も実を言うと曖昧な点があります。

日本は腰痛が有訴率第一位、つまりもっとも症状を訴えている人が多い国です。その数、日本人の8割以上の方が、生涯で腰痛を経験しているという程の腰痛大国です。

ですが多くの方々は腰痛を訴えてはいるのですが、画像診断に異常が見られない場合、腰痛患者は疾患としては認めらず健常者という扱いとなります。

ちなみに腰痛の原因ですが、脊椎の弾力が衰え、老化したための痛み、筋肉の痛み、過労、内科の病気、婦人科の病気など色々考えられていますが、8割は原因が特定されていないのが実情です。そして、多くの患者は腰痛をそのまま放置されているのが実態だそうです。

腰痛対策では、足のツボに馬油を塗る、とされています。が、これが本当に有効な方法なのか正直わかりません。理由は2つあります。

@ 足は全身への影響が非常に大きい部分ですので、足のツボに重点的に馬油を塗った方が、ツボへ良い刺激が加わり効果を期待できる、とされていますが、症状によって足のどこに馬油を塗ればいいのか異なるらしいので、一概にどこと言えない。

A 腰痛で悩む方の体験談で、馬油を腰が痛む箇所に直接塗ったら治った、というものがあったため。

ですので、私としては、本に書かれていた『風市』という足のツボに馬油を塗るという案と、腰痛で痛む場所にそのまま馬油を塗ってみてはどうかと二つの案を提案致します。

風市は腰痛によくきくツボで、大腿外側の中央のところで、膝上20pほどのところにあります。

馬油を塗る量は多めに塗っても構いません。馬油は浸透力が高いので、数分もすると浸透し、それほどべとつきません。

正直、腰痛が原因で足に塗る場合、量はそれほど気にしなくても良いと思います。塗る時間は、就寝前がベストです。





馬油の特徴と効果メニュー