馬油 特徴 効果

唇の荒れの予防と馬油による治し方

唇がカサカサしたり、皮がむけて痛いなどの不快な思いをすることがあります。

かと思うと上下の唇が接する部分(口角)がただれることもあります。

口の両端が荒れたり、ただれ、炎症が起きる状態を口角炎といいます。口を開くと……これが痛いんですよね。

まず、これらの症状に馬油は有効です。唇の荒れに対しては馬油はリップクリームの代わりに使えます。また、口角炎にも馬油は有効です。



ちなみにビタミンB2が不足してしまうとと唇が荒れやすくなります。あるいは、口角が切れたりするでしょう。ビタミンB2の必要量は一日に二mg程ですが、抗生物質の使用、もしくはニンニクの過剰摂取によってビタミンB2を活性化する腸内細菌も殺されるので、一時的に欠乏することがあります。

つまり、唇が荒れやすい人は日ごろから、ビタミンB2 を多く含む食材を食べる事が予防の第一歩になってきます。手頃な食材をあげていくと、まず牛乳、それから魚介類、レバーも良いでしょう。

唇がもうすでに荒れてしまっている、という方には馬油での治療をお勧めします。

馬油を人差し指に少しだけ馬油とって、唇に薄く塗るだけ。これだけでリップクリームの代用が可能です。

馬油を塗った唇を舌でなめたりはしないで下さい。

乾燥している日や暖房のよく効いた室内で唇が乾いてきたと感じたらすぐ馬油を薄くぬるようにしましょう。そうしていれば、次第に唇の荒れは治るはずです。


<楽天No1>出来たて新鮮な正規品ソンバーユを即納で!【在庫管理/商品チェック万全!】(馬油...

馬油の特徴と効果メニュー