馬油 特徴 効果

馬油によるしもやけの予防と治療

しもやけは、そもそも末梢の血行障害で起こるもの。ですので、その人の体質を改善する処方をするのがベストです。漢方薬の紫雲膏を使う、ビタミンEの併用というのも良いそうです。

ミカンなどの果物は身体を冷やすということで、しもやけを避けるためにミカンを食べない、という民間予防法や、米糠を用いた民間療法もあるそうです。

近年は暖房設備が整った事で室温も保ちやすくなり、しもやけになる方は少なくなっていますが、血液の循環が悪くなりやすい方もいます。例えば、貧血気味の方や低血圧の方がしもやけになりやすいのは昔も今もあまり変わらないようです。

しもやけはやけどとは逆で、強い寒さが身体に作用して生じるものです。医学的には凍傷に分類されます。

しもやけの症状を詳しく記すと、まず該当部分が赤紫色に腫れてかゆくなります。しもやけになる場所は手足の他には耳たぶなどにもできます。

治療の第一は、血液の循環の改善。馬油を患部によくすり込むのが効果的でしょう。



よく擦ることでマッサージ効果も加わりますので、馬油の効果が高まるはずです。

冷え症の体質の方であれ冷え症の治療を行いながら、自律神経やホルモン系を調整するとより効果的です。

血流を改善する事で新陳代謝も高め、全身を元気よくしていけば、しもやけにかかりにくくなります。

手足にはマッサージの要領で擦り込むのが効果的ですが、耳たぶの場合は人差し指と中指で耳たぶを挟み、マッサージしながら塗り込むと良いでしょう。塗る時間帯は就寝前、起床後に部屋を暖めてからが良いでしょう。

予防法としては外出時には手足を外気にさらさぬよう、手袋や厚手の靴下で、耳は防寒用の耳当や毛糸の帽子などでしっかり保護してください。



馬油の特徴と効果メニュー