馬油 特徴 効果

馬油による主婦湿疹(肌のひび、あかぎれ)の治し方

まず、主婦湿疹って何? という方もいるかもしれませんので、説明から。

主婦湿疹とは、炊事や洗濯などの水仕事を繰り返し行う事が原因で生じるかぶれのことを指します。家事で洗剤や石鹸を毎日使用するため、皮膚表面にある脂分が奪われ、保護膜が失われてしまったために、物理的な刺激や刺激物の侵入などで起こる病気(慢性刺激性接触性皮膚炎)とされています。

主婦湿疹は主に主婦の方に多くみられる症状で、確固たるデータはありませんが、一種のアレルギー疾患と考えて良いという意見もあります。

洗剤の使用後、手をよく拭かないまま冷たい外気に触れるなど、皮膚を保護しないために生じる病気である可能性は充分あり得ます。

この主婦湿疹、肌のひび割れ・あかぎれへの治療法は、中性洗剤を使って水仕事をしたあとはきっちり手を拭くようにしましょう。そのあと、馬油を塗ると皮層の内部にサッとしみ込み、手の肌はサラッとするはずです。皮膚の内部に深く浸透した馬油が油膜を張ることにより外気を遮断してくれますので、ひび割れ・あかぎれを防いでくれるのです。

ちなみに、同じような水仕事が誘因で起きる症状に、進行性指掌角皮症(しんこうせいししょうかくひしょう)という病気があります。早口言葉のように思えますが、ちゃんとした病名です。これは親指から中指にかけ、指先の腹側が乾燥する事で表皮が薄くり、次第にひび割れていきます。利き手の指先からはじまり、掌、手の甲へと進行していき、赤みのある発疹が形成されます。

これが悪化してしまうと、ひびも深くなり、そのまま放置しておくと痛みも覚えてきます。

そうならないように、水仕事の後は、馬油を薄く塗っておくとよいでしょう。



対策としては、ゴム手袋が良いでしょう。進行性指掌角皮症も、前述のひび、あかぎれも、水仕事をするときはきちんとゴム手袋をはめて仕事をする事で皮膚を守れます。

中性洗剤を使用後は、もちろんよく洗剤を洗い落とし、手をしっかり拭いてから馬油を塗るようにして下さい。


<楽天No1>出来たて新鮮な正規品ソンバーユを即納で!【在庫管理/商品チェック万全!】(馬油...

馬油の特徴と効果メニュー