馬油 特徴 効果

あせもの治療に馬油

夏に多い皮膚症状として、あせもがあります。あせもは汗腺がつま、汗が皮膚の中にたまって形成される小さな吹き出ものです。

顔や首筋、背中、胸と言った主に汗のかきやすいところにできる傾向があります。赤ちゃんの場合ですと、頭にもできたりします。

大人は男性であればベルト、女性であればブラジャーで締めつけられた周辺にできやすいです。

汗腺が汗で汚れ、細菌の影響で塞がれてしまい出来てしまうものなので、予防法としてはまず入浴やシャワーなどで皮膚を清潔にすることがあげられます。

もしそれでもあせもができてしまったら場合は、できるだけ早く馬油を塗っておきます。量は例によってベトつかない程度に、皮膚を刺激しないように薄く塗って下さい。強くすり込んでは悪化する可能性もあるのでは気をつけて下さい。



かゆみがあっても、かかないように気をつけて下さい。また、赤ちゃんの場合では、水庖がうんで白くなることがあります。悪化すると,と化膿菌の感染を受けやすく、化膿性汗腺炎(あせもより)になります。こうなってくると抗生物質を含んだクリーム状の副腎皮質ホルモン軟膏をつけたりするケースが多いのですが、こんな時でも副作用の心配のない馬油は効果的です。

と言っても、化膿のレベルによっては切開して膿を出す必要性が生じます。この辺りには常識的判断が必要になってきます。

あせもに限らず皮膚病に馬油を塗る時は、お風呂上りが最も効果があるので、入浴後に馬油を塗るようにしましょう。


<楽天No1>出来たて新鮮な正規品ソンバーユを即納で!【在庫管理/商品チェック万全!】(馬油...

馬油の特徴と効果メニュー