馬油 特徴 効果

アトピー性皮膚炎に馬油

アトピー性皮膚炎は、年齢でかなり症状が違ってきますので、それぞれの症状に合わせて馬油を使い分けなければなりません。

生後一年未満の赤ちゃんの場合ですと、口や耳の周辺、頭部などに湿疹ができ、それが手足に広がっていきます。その湿疹が水泡になってただれたり、あるいはカサカサに乾いて剥がれたりします。

この時期の乳幼児に馬油を塗る場合、朝の着替えやお風呂上がり、シャワーのあとに、薄く伸ばして塗りましょう。注意点は、馬油を塗ってからこすらないこと。



皮膚上に馬油を置き、ガーゼなどにのばしたものを患部に当てるようにすると防護策としては良いでしょうか。包帯でガード、と言うのも良いでしょう。こすったり、かいたりすると、かゆみが余計にひどくなりますから気をつけて下さい。

2〜3歳以上の幼児のアトピー性皮膚炎は、顔と首まわり、肘に膝、ひざの内側と言った柔らかい部分や外側にも発疹がみられるそうです。赤い兵疹状の発疹が厚く、硬い皮膚になります。同時に全身の皮膚が白っぽく乾き、とり肌状になることもあります。馬油を塗る場合は、お風呂に入る、シャワーを浴びるなどしてからだを清潔にした上で皮膚が温まっている時を狙って下さい。伸びも良く、馬油の浸透力も効果を上げてくれます。馬油は薄くそっと伸ばす形で使用してください。

塗ったあと、こすらないことは乳幼児の場合と同様です。就寝前に塗っておくと、翌朝はかゆみもおさまるはずです。

赤い兵疹状の発疹が小さくなっているようなら、効果があった証拠ですので、同じ処置を繰り返しましょう。

ケースバイケースですが、人によっては二十日ほどで発疹は消え、きれいな肌になっています


<楽天No1>出来たて新鮮な正規品ソンバーユを即納で!【在庫管理/商品チェック万全!】(馬油...

馬油の特徴と効果メニュー