馬油 特徴 効果

生理痛の原因と馬油による治療

女性にとって大きな悩みの一つに生理痛があると思います。

生理痛は冷えやのぼせを伴うことが多く、冷え症を治すつもりで馬油を使うと痛みが軽減します。生理痛は子宮が収縮する事で子宮口が狭まり、経血がスムーズに流れ出ない時によく起こります。狭い子宮口を経血が通る時に痛みを感じるので、極論すれば子宮口が広がれば生理痛は起こらないことになります。個人差があり、生理痛を感じないという人もいれば、生理の始まる数日前から、生理が終わるまで大きな痛みを感じる人もいます。

子宮の筋肉の収縮が大きければ大きいほど痛みも激しいのですが、子宮の筋肉が収縮する原因は冷えによって血行が悪くなっている場合と、更年期(四十・五十代)になった事でホルモンの分泌が少なくなった事で子宮が老化し伸縮しにくくなった、不眠や過労でもそうですし、過度の行き過ぎたダイエットによる栄養の不足、そして精神的な苦痛を伴うショックなどによる影響でホルモンの分泌が不安定になり、子宮の伸縮運動が悪化する可能性もあります。

その他に子宮の前屈・後屈という異常、子宮筋腫、子宮内膜炎、発育不全などによって子宮口が圧迫されて狭まり、生理痛を起こすという場合もあります。栄養のバランスがくずれ、そのために生理痛を起こすといった人もまれではありません。

そういう具合に発生する生理痛を解消するために、まず重要なのはバランスのよい食生活が第一です。そしてその上で、馬油を使って効果をあげましょう。

馬油を塗る前に、卵巣や子宮などの生殖器官が集中している下腹部を温めましょう。

お風呂に入ってから塗るのがもっとも経済的で手間いらずかと思います。何らかの事情でお風呂に入れないのであれば、使い捨てカイロで温めるというのも良いかもしれません。温める部分はへそと恥骨を結ぶ線上の、上下半分辺りの箇所です。ここに、小指の先くらいの量の馬油で軽くマッサージするようにすり込みましょう。もう一か所は、足のすねの骨の内側にあたる所に馬油を塗ります。ここもよく温めたあとで、馬油をすり込みましょう。



それぞれの足の該当部位にそれぞれの親指の腹で、少し強めに指圧するようにしましょう。しっかりと入念に、片足三分間くらい押しながら馬油をすり込むのが良いでしょう。これを生理の始まる前から毎日くり返す事で生理痛の解消に大きな効果が得られるはずです。理由としては熱の刺激と馬油の浸透で、子宮の収縮をやわらげる事で痛みが軽減されるからです。

生理期間に関係なく毎日一回でも続けると、少しずつ生理痛はやわらいでいくと思いますが個人差が非常にあるので、根気強く続けて下さい。


<楽天No1>出来たて新鮮な正規品ソンバーユを即納で!【在庫管理/商品チェック万全!】(馬油...

馬油の特徴と効果メニュー