馬油 特徴 効果

日焼けに馬油

日光浴は、健康法の一つとされています。日光が人体に必要な存在であることは否定できませんが、浴び過ぎは禁物。女性の肌にとっての大敵は紫外線の当たりすぎだからです。紫外線の刺激が過剰になりますと、皮膚は紫外線に抵抗する事で体内の栄養が動員され、疲れやすくなります。加えて、皮膚が黒くなると日光に対する皮膚の機能が衰え、ビタミンDの合成量が少なくなるのです。

ですが、紫外線は適度に浴びる事で皮層や粘膜を鍛え、全身の抵抗力をつけてくれるのです。海水浴をした年の冬はかぜをひかない、などというのはそうした理由も考えられます。また、先述したように紫外線を受けるとビタミンDが合成されますので、ビタミンDの蓄積効果もあり、日光浴はよい点も多いことは覚えておいて下さい。

しかし、やり過ぎはいけない、というこです。紫外線を過剰に受けすぎると前述のように肌を傷めてしまいます。肌を傷めすぎてしまいますと、馬油を他の人よりも長く使わないと、肌の状態も回復しにくくなります。

黄体ホルモンには紫外線に対し、肌を敏感にする働きがあるとされています。10代は新陳代謝が盛んですので次々と新しい細胞が生まれます。結果、古い皮膚と新しい皮膚が入れ替わる速度も増しますので、日焼けで傷んだ肌の回復速度も早いのです。

しかし、20歳をすぎたころから、新陳代謝は徐々に悪化します。肌の潤いがなくなり、ツヤツヤが戻らなくなります。

ですので、日焼け止めクリームなどを利用して過剰な紫外線はカットするというのも一つの方法です。

ですが、肌を焼きすぎてしまったという場合もあるかと思います。海水浴場で日光浴をしていて、うっかりそのままうたた寝してしまった、というケースもあるでしょう。

そういう時には馬油は役立つこと請け合いです。



もともと馬油は火傷をした時の特効薬として知られていたものですから、日焼けなどの皮膚の炎症には非常に効果的です。友達が海水浴で真っ黒、というよりは真っ赤に日焼けして痛い痛いと訴えていた時、そう言えば馬油は火傷によく効くから、日焼けにも効果があるかな、と馬油の効果を思い出し、ダメ元で試しに塗った事があります。結果、友人は30分後にはすやすや寝息をたてていた、という事があります。

肌の焼き過ぎには馬油は非常に効果的な薬です。


<楽天No1>出来たて新鮮な正規品ソンバーユを即納で!【在庫管理/商品チェック万全!】(馬油...

馬油の特徴と効果メニュー