馬油 特徴 効果

シミ防止法と馬油マッサージ

シミは基本的に十代には少なく、三十代、四十代と年を取るごとに増えていきます。

「朝に鏡を見てみたら、頬の辺りにシミができていた」と驚く女性もいるかと思います。シミは瞼には出ません。

しかし額、頬、口の周りに左右対称に出現します。瞼に形成される場合は薄い橙黄色のシミのような、皮膚より少し盛り上がった感じの、細い楕円系の丘疹・黄色種が形成されます。



これは血液中の脂質、コレステロールの高い人に出るケースが多く、若い女性にこの種のシミはまず出ないはずです。

シミが出来る科学的な原因は未だにはっきりしません。内分泌、特に女性ホルモンの変調に関係があるのでは、と考えられています。シミは科学的に解析すると、皮膚の一部分にメラニン色素が集中している状態です。20〜40代の妊娠可能な女性に高確率で形成されるのが特徴です。特に直射日光にあたり過ぎるとひどくなります。

具体的に言えば生理の時に色が濃くなったり、婦人科の病気に関連して出る事もあるのです。

メラニン色素の色を濃くするのは紫外線ですが、最近よく用いられるピル(経口避妊薬)でシミが出ることもありますのでご注意を。ピルでシミができる理由は、主剤となっている黄体ホルモン(プロゲステロン)によって、肌が太陽光線に過敏な状態となる事で反応を起こし、メラニン色素が必要以上に増加してしまうためです。

それと、香水をつけたまま日光浴をするというのは避けた方が賢明です。

香料として使われているヘルガモット油のエキスが原因と考えられていますが、これが原因でシミが出来る場合もあるのです。

高齢者の顔や手の甲にあらわれるシミについては、老人性色素斑と言います。これは基本的に日光に当たりすぎたのが原因です。もっとも名前に反して若い人にもできますので、紫外線の強い季節などは日傘をさす、つばの広い帽子をかぶるなどの対策をした方が良いでしょう。

シミは点のように小さなものではなく、ある程度の面積をもつ斑点ですので、シミが形成された部分に馬油を少量つけ、人差し指、中指、薬指の三本指でマッサージの要領ですり込むようにしてあげると良いでしょう。



馬油を塗るのは洗顔後がよいでしょう。あと、就寝前も効果的。シミの基本的な治療法としては薬剤やビタミンC、ビタミンEを服用する方法が一般的。ですがこの方法では半年から一年以上の長期間を毎日つづけることが必要となってきます。

場合によっては、それでもシミがとれない、という最悪のケースも。

馬油も人によって、内臓の状態が良好ではないために出来てしまう病的なシミが皮膚に出ているケースでは、内臓の治療も行わないととれないしょう。ですがそうでない普通のシミは、馬油を根気よく塗っていれば大概は薄くなるはずです。

ただし注意点が。かぶれなどによるシミは、馬油を塗って強くマッサージすると皮膚に過剰な刺激を与えてしまいます。

こういうケースでは、馬油を指先に塗ってシミの上から軽くたたくように毎日繰り返せば、馬油の特効が得られるはずです。


<楽天No1>出来たて新鮮な正規品ソンバーユを即納で!【在庫管理/商品チェック万全!】(馬油...

また、最近は馬油をコンセプトにしたコスメなども出てきています。シミなどが気になる方はそういったトライアル商品を試してみるのも、いいかもしれません。


シミ・シワ・ニキビに馬油クレンジングオイル

馬油の特徴と効果メニュー