馬油 特徴 効果

小じわに馬油

小じわは、目じりや口元、眉間など顔の中でも動きのある部分に形成されやすい。

「しわは人間の年輪」と謳う人もいますが……しわのない美肌の方がいいなぁ、と思う方が大多数じゃないでしょうか。

歴史を顧みれば、絶世の美女と言われたクレオパトラはロバの乳風呂をやハチミツ風呂、果てには海草風呂などに入って美肌を保とうとした話は有名です。

しわのないの滑らかな肌はいつの時代でも男性を虜にしたのです。

しわはタンパク質の不足からできやすいと言われており、老化現象の一つであることは確実です。年経るごとに小じわは深く、大きくなります。

加えてしわは絶えず外界にさらされますので、直射日光で刺激を受けている部位に早くできやすくなります。

日焼けも、肌を焼きすぎると肌を荒らしますし、その部分がしわになりやすくなります。

そして皮層の汚れや肌に合わない化粧品を使う事も小じわが出来やすくなる原因の一つですし、皮膚の血液循環が悪くなった時や、皮膚の栄養状態が悪化してもしわが出来ます。内臓の状態の悪化もまずいです。

例をあげれば、胃腸が弱い人はしわが出来やすいですし、冷え症、肩こり、便秘、月経困難が原因で肌は荒れてしまい、しわが増えてしまいます。抜本的にこうした疾患を治す事が必要な場合もあります。

重要なことは、前述の原因を取り去ること。取り分け、皮膚の血液循環を改善することは手軽に出来る方法です。

皮膚のマッサージなら、手軽さで考えればもっとも良い方法の一つでしょう。

マッサージの時に馬油を使ってマッサージを行います。



馬油の量はクリームを塗るときほど多くしないように気をつけて下さい。両手のひらに薄く伸ばす程度がベストです。

もしくは、人差し指に少し馬油をとり、額の中央、鼻、両頬、顎の五か所に、クレンジングクリームを使用する要領でつけます。

マッサージをすると皮膚の血行がよ改善され、血管から肌に栄養が行き渡りますので、皮膚の血管を鍛える副次的な効果もあります。

マッサージのコツは、右の手のひらで右側の額から頬、顎にかけて撫で下し、左も同様に、左の手のひらで額から頬、顎にかけて撫で下します。

両手で上から下に、額から頬、顎に撫で下ろすマッサージを十回ほどくり返します。

これは、肌の血管の衰えを防ぐことにより、肌に張りと潤いを与えます。

馬油を塗ったマッサージを三週間以上続けると、効果があらわれるはずです。

角質層の水分不足で皮膚の表皮がしわになる、たるみじわなら効果もしっかり出るはずです。

顔のたるみやすい部分を入念に朝晩二度マッサージして下さい。就寝前、それもお風呂あがりにやると、皮膚の血行がよくなるので一層効果的です。


<楽天No1>出来たて新鮮な正規品ソンバーユを即納で!【在庫管理/商品チェック万全!】(馬油...

また、最近は馬油をコンセプトにしたコスメなども出てきています。シミ、シワが気になる方はそういったトライアル商品を試してみるのも、いいかもしれません。


シミ・シワ・ニキビに馬油クレンジングオイル

馬油の特徴と効果メニュー