馬油 特徴 効果

化膿を防ぐ馬油

馬油の特筆すべき性質は非常に強力な浸透でしょう。



馬油を肌につけると、数秒もしないうちに内部にしみ込んでいきますが、少しつけすぎたなと思っても、短時間で皮膚組織に浸透するため、肌はサラサラ&サッパリです。

下着にベトつくこともないので、違和感がありません。

内部に浸透した馬油は内部の空気を追い出し、油膜を張って外部と遮断。つまり二次的な酸化を防止してくれるのです。

馬油の効果を要約すると浸透した馬油は一ミリくらいの深さで細菌類を吸収、油の中に封じ込めてしまうのです。これによって皮膚の化膿を食い止めることになるのです。

もう一つは、皮下組織へと浸透した馬油による刺激で、血行の改善効果があります。

馬油以外の動植物油には人体の皮下組織までは深く浸透していきません。

これがガソリンや石油といった鉱物油だと、非常に有害です。

馬油は患部の熱を奪い、炎症を速やかに鎮めます。

本やネットの話を総合すると、アトピーやアレルギー性の皮膚炎、冷え性や日焼け、果てには痔や鼻炎にも効果があるとされています。

炎症はそもそもからだの一種の病的な酸化作用によるものなので、こういう馬油で回復した例は、馬油の強力な浸透力による抗酸化作用によるものではないでしょうか。


<楽天No1>出来たて新鮮な正規品ソンバーユを即納で!【在庫管理/商品チェック万全!】(馬油...

馬油の特徴と効果メニュー