馬油 特徴 効果

不飽和脂肪酸とビタミンE

肉、バター、卵といった動物性食品に多く含まれている飽和脂肪酸は血中コレステロールを増加させます。

このコレステロールが体内で様々な悪さをする、というのはこのホームページをご覧になっている方もご存知の事実かもしれません。

また、生活習慣病の一つである動脈硬化の原因になるともいわれており、このコレステロールの問題をどうにかすることは、私達の健康問題を語る上で欠かせない要素の一つとなっているのが現状でしょう。

また、この動脈硬化を防止するために、血中コレステロールを改善してくれる植物油や魚類の脂肪に多く含まれる不飽和脂肪酸の摂取が健康に良いと言われていますが、食の欧米化によってこの摂取量が年々低下してしているのも問題の一つです。

もう少し具体的に不飽和脂肪酸の働きについてあなたとシェアしましょう。

体内では細胞膜をつくるために欠かすことのできない物質で、これが不足してしまうと発育不全や皮膚炎を起こすことから、ビタミンEと呼ばれていたこともあります。

ですが長年の研究の結果、この不飽和脂肪酸も良い事尽くめではないことがわかってきたのです。

最大の欠点は酸素と結びついて酸化すること。つまり腐りやすい点です。身体が酸化するのを防ぐ目的でに、エイジングケア、アンチエイジング商品が飛ぶように売れている現状を考えると、あなたにとってはあまり聞きたくない話題かもしれません。

しかし、油の過酸化を防いでくれる物質もあるのです。

「若返りビタミン」ともいわれるビタミンEです。

ビタミンEには白髪が黒くなったり、シミがとれたり、生理がもどってきたりする、という効用があるようで、若返りの効果がある事が一概には否定できません。加えて血管を拡張して血液の循環を促進する働きもあります。しもやけ、冷え症の予防にも有効で、目にも良い働きをしてくれる働きものの成分なのです

馬油の特徴と効果メニュー